『 Local by Flywheel 』でWordPressローカル環境を作って初期設定をしよう

はいどうも、たっくん(@wakutakublog)です。

今回は『 Local by Flywheel (ローカル バイ フライホイール)』を使ったWordPressローカル環境の構築と初期設定を解説していきます。

WordPress?ローカル環境?と頭の中がはてなで溢れている人も安心してください。

『 Local by Flywheel 』を使えば、ポチポチしてるだけで環境構築ができるので。

たっくんのアイコン画像たっくん

Local by Flywheel には僕も大変お世話になっています…。

※ 動画でみたい方はこちらをご覧ください↓

※ローカル環境は、自分のPC内で作るだけなので実際には公開されません。

対象読者
  1. WordPressを使ってホームページやWebサイトを作りたい人
  2. WordPressのこととか何も分からないから、触って慣れていきたい人
  3. ローカル環境をサクッと構築する方法を知りたい人
目次

ステップ①:Local by Flywheelをダウンロードしよう

さっそく「Local by Flywheel」を公式サイトからダウンロードしましょう。

  1. 「FREE DOWNLOAD !」をクリック
  2. 使っているPCを選択する(Mac や Windows など)
  3. 名前・メールアドレス・電話番号を入力して「GET IT NOW !」をクリック

これでダウンロード完了です!

ステップ②:Local by Flywheelで環境構築をしよう

ダウンロードした Local by Flywheel を開いて「CREATE A NEW SITE」をクリックしましょう。

すると下のような画面になるので、サイトの名前を入力しましょう。(適当でOK)

「 CONTINUE 」をクリックし、下の画面になったら「Preferred」を選択し「CONTINUE」をクリック。

そしてWordPressのユーザー名とパスワードを設定します。(公開しないデモサイトなので適当でOK)

下のような画面になったら、これで環境構築はオワリです。

右上の「ADMIN」をクリックするとWordPressの管理画面に入れるようになっています!

たっくんのアイコン画像たっくん

今作った「SnowMonkey」以外にもサイトがあるけど、普段使ってるモノなので気にしないで…。

ステップ③:WordPressの初期設定をしよう

「ADMIN」からWordPressの管理画面に入りましょう。

先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力します。

ログインできたら、こんな画面が現れます。

WordPressの初期設定は英語になっているので、日本の設定しましょう。

  1. 画面左側の「Settings」をクリック
  2. 「Site Language」を日本語に変更
  3. 「Timezone」を日本時間のUTF+9に変更

変更できたら画面下にある「 Save Changes 」をクリックすることを忘れずに…!

管理画面が日本語に変わったのを確認したら、プラグイン『WP Multibyte Patch』をインストールしましょう。

  1. 「プラグイン」をクリック
  2. 「新規追加」をクリック
  3. 画面右上の検索窓に「WP Multibyte Patch」と入力
  4. 「今すぐインストール」をクリックして完了まで待つ
  5. インストール後に表示される「有効化」をクリック

これでWordPressを日本版に対応させることができました!!

次回予告:WordPressでお洒落なウェブサイトを作ろう

ということで、今回のテーマ「 WordPressローカル環境の構築と初期設定 」が完成しました。

とは言ってもまだ、WEBサイトの”W”の字もありませんね。(環境が作れただけなので)

なので次の記事では「WordPressで簡単にWEBサイトを作るための”テーマ導入”」について解説します。

ブロックエディタに完全対応したWordPressテーマを使えば、簡単にホームページが作れてしまうんです。

完成イメージはこちら↓(クリックで拡大表示できます)

紹介するテーマを使えば、リッチなWEBサイトが短時間でサクッと作れますので、ぜひ参考にしてください。

たっくんのアイコン画像たっくん

お楽しみに…!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる